So-net無料ブログ作成

シンガポールカウントダウン2016!建国50周年は盛大に?! [シンガポール ニュース]

今年2015年は建国50周年なので盛大なカウントダウンが予想されていますっ!!
と言うことは、どこもかしこも渋滞だぁぁぁぁぁぁ[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
覚悟の上でカウントダウンを楽しまないとね[ぴかぴか(新しい)]
pic121129_0004.jpg

シンガポールに来た年はセントーサに行って3時間くらいバスとタクシーを待ってヘトヘトになった記憶があります泣 お金に余裕の方はホテルに宿泊されることをおススメします。
2014-12-13-20141215_tripping_04.jpg
それか、早めに帰るかかなぁ!
クラークキーの橋の上でマリーナベイサンズの花火を見た後、バーに行って飲んでから帰った時もタクシーとの値段交渉が大変だった[もうやだ~(悲しい顔)](平気で倍の値段で交渉してくる。マレーシアみたいなことが起きてた笑)

でも、やっぱり海外なだけあっていろんな人がハッピーニュイヤー!!って叫んだり、カップルがチュウーー[キスマーク]してたり、盛大に賑わいをみせているのはすごく面白くて、楽しいんですよね☆
だから今年のカウントダウンが気になって調べてみたらありました!

__________


シンガポールの湾岸地区で行われるカウントダウンイベント「マリーナ・ベイ・カウントダウン2016」が盛大な花火を始め過去最大規模で開催される。シンガポールの建国50周年を経て初めて迎える新年を祝福するイベントにはシンガポールの未来の可能性に対する思いが込められている。

今回のイベントでは初めて湾岸全域で8分間にわたり花火を打ち上げる。建国50周年を記念して設置された「ジュビリー・ブリッジ」など以前よりも観客が花火を鑑賞できる場所が増えるという。
若手音楽家ジュリアン・ウォン氏が作曲した音楽に合わせて花火を楽しめる。周辺の金融街のビルがライトアップされるほか、花火の打ち上げ直後の午後11時55分からは、フラートンホテルの外壁に立体的に映像を投影するプロジェクションマッピングで新年に向けたカウントダウンを表示する。
湾岸部にある大型劇場「エスプラネード」を運営するジ・エスプラネードのベンソン・プア最高経営者(CEO)は「去年はシンガポールのかこ50年の功績を称えるカウントダウン・イベントだった。今年は新たな一歩を踏み出すシンガポールが抱く未来への可能性を反映させたものになる」と語った。湾岸地区では新年に向けてさまざまな行事が行われている。11月半ば~12月20日には白いバルーンに願いを書き込める場所を国内に21箇所設置。バルーンは31日までマリーナ湾に浮かべられる。フラートホテルは12月26日~31日にプロジェクションマッピングのショーを行う。

(NNAアジアより)

__________


今年は早めに行って場所を確保しないといけませんねっ!!
皆さんはカウントダウンをどこで過ごしますか?
おススメスポットあったら教えてください[わーい(嬉しい顔)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。